奈良大和路の旅・観光なら奈良近鉄タクシー。暮らしに便利な新タクシーサービスも充実。

タクシーを呼ぶ

運輸安全マネジメント

平成18年10月1日施行の国土交通省告示第1087号旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)第2条の2の規定にもとづく「旅客自動車運送事業にかかる安全マネジメントに関する指針」、および同告示第1088号「旅客自動車運送事業運輸規則(昭和31年運輸省令第44号)第38条第8項の規定にもとづく「旅客自動車運送事業者が従業員に対して指導および監督を行うために講じるべき措置」を受けて、次のとおり取り組んでまいります。

 

 

1. 輸送の安全に関する基本方針

「私たち奈良近鉄タクシーグループは社是『お客様第一』のもと、道路交通法を遵守し、交通事故のない明るい社会づくりに貢献します。」を安全理念とし、「お客様の安全安心を最優先する」・「重大事故ゼロを目指す」を掲げ、輸送の安全に関する基本的な方針を次のとおり定めます。

  1. 社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
    また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾ける等、現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に輸送の安全確保が最も重要であるという認識を徹底させます。
  2. 安全マネジメント(輸送の安全に関する計画の作成・実行・チェック・改善の一連のPDCAサイクル)を確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  3. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表いたします。

2. 輸送の安全に関する平成29年度スローガンと目標

基本方針にもとづき達成すべき成果として、平成29年3月開催の「奈良近鉄タクシーグループ三社安全運転対策推進委員会」において、平成29年度スローガンと目標を次のとおり定め、具体的な行動を講じてまいります。

 

スローガン
「後退事故をなくそう!」

 

目標

  1. 事故件数の削減
    • 奈良近鉄タクシー株式会社
      重大事故・交通違反・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ゼロ」
      有責事故件数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・62件以内 前年度比較▲31.9%
    • 株式会社竜田タクシー
      重大事故・交通違反・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ゼロ」
      有責事故件数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7件以内 前年度比較▲46.2%
    • 三都交通株式会社
      重大事故・交通違反・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ゼロ」
      有責事故件数・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1件 前年度比較▲50%
  2. 具体的な行動
    1. 本社において安全運転対策推進委員会を設置し、毎月1回開催していきます。
      委員会には、社長はじめ安全統括管理者、営業部長、グループ会社含む各所長および委員会事務局員が出席し、発生した事故の状況と原因の究明および防止対策を討議するとともに、安全向上に関する調査・研究、意見交換等を講じていきます。
    2. 毎月第一木曜日を「安全を確かめあう日」として設定し、管理職が各営業所の早朝からの始業点呼の立会および運行前点検の立会を実施していきます。
    3. 各営業所においては、統括運行管理者、運行管理者、運行管理補助者および整備管理者による定期連絡会議開催や乗務員代表者も加わった「安全運転対策推進委員会職場実行委員会」を開催し、奈良近鉄タクシーで開催した安全運転対策推進委員会での取組みを実施するための具体的施策を講じ、所属員への周知徹底を図っていきます。
    4. 無事故・無違反運動(SDチャレンジ運動)を毎年実施していきます。
      交通事故は交通違反行為によって引き起こされる結果です。道路交通法等関係法令を遵守するとともに、日頃から違反を把握し指導することによって交通違反ゼロ=交通事故ゼロにつなげていきます。
    5. ドライブレコーダーの活用を積極的に図っていきます。
      運転中の状況を常に監視し、急停車・急ブレーキ・急ハンドル等の運転異常状態を感知するドライブレコーダーは、記録された画像と運転データがメモリーカードに保存され、ヒヤリ・ハット事例として、自動車事故を未然に防止する有効な手段になり得るとの観点から平成18年8月に全車両に搭載しました。今後、記録を活用した安全教育を的確に実施していきます。
    6. 国および奈良県が提唱する春・夏・秋・年末年始の交通安全運動に積極的に参加し、全社をあげて各営業所における早朝点呼、ターミナルおよび運行前点検の立会・指導を実施していきます。
    7. 奈良近鉄タクシーグループ三社安全運転研修会を毎年開催していきます。
      公共交通機関であるタクシー事業の第一の使命である「安全輸送」を更に進めるため、グループ会社を含めた全営業所から選抜された乗務員による安全運転競技会への参加により、運転技術、車両点検、接遇等の「基本」を再認識するとともに、なお一層運転者の資質向上を図っていきます。

3. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計

基本方針にもとづき、自動車事故報告規則第2条に規定する事故が発生した場合に総件数および類型別事故件数に関する統計を公表します。
なお、前年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日までの間)において、該当する案件はございませんでした。

  • 奈良近鉄タクシー株式会社
    社内規定による有責事故件数・・91件 無責事故件数・・53件 総事故件数・・144件
  • 株式会社竜田タクシー
    社内規定による有責事故件数・・12件 無責事故件数・・5件 総事故件数・・17件
  • 三都交通株式会社
    社内規定による有責事故件数・・3件 無責事故件数・・2件 総事故件数・・5件

4. 輸送の安全に関する組織体制とその連絡網

安全マネジメントの実施にともない、輸送の安全確保について責任ある社内組織体制を法令にもとづき構築しました。また、同時に事故・災害等有事発生した場合の報告連絡体制の整備も図りました。
詳しくは当社の安全管理規程(安全マネジメント)をご参照ください。安全管理規程(PDF形式)

5. 輸送の安全に関する教育および研修制度

社員として入社したときから新入採用時の基礎教習をはじめとして、次のとおり社内安全研修制度を整え、個人指導および集合研修制度、さらには管理監督の立場にある者の教育を実施し、安全確保の意識を促しております。今後も輸送の安全性の向上に向け、より良い教育・研修・訓練制度の充実を図ってまいります。

  1. 新入採用時の基礎教習
  2. 配属3か月後研修
  3. オブジェ研修会(社外委託研修)
  4. 自動車事故対策機構での適性診断受診
    • 法定基準=初任診断・適齢診断
    • 社内独自=事故発生者に対する特定診断Ⅰ・Ⅱまたは特別診断
      前回受診から一定期間の経過者(5年毎)に対する一般診断
  5. 運行管理者講習受講
  6. 国土交通省認定運輸安全マネジメントセミナー受講
  7. 事故発生運転者研修会
  8. 運転者特別研修会
  9. グループ安全運転研修大会
  10. 管理監督者研修
    ・助役研修・先進同業他社訪問・健康管理対策研修・交通労働災害防止研修等
  11. その他各営業所においては、日常の勤務を通じて安全運転、健康管理、接客、運転適性診断等の内容の運行管理に関する個別指導を実施していきます。

6. 輸送の安全に関する内部監査の実施と結果

平成28度に各営業所を対象とした内部監査を実施しました。監査では、運行管理をはじめとして労務管理・業務管理・車両管理に関し、全12区分35項目について、関係法令や社内諸規程に照らし、輸送の安全確保のための機能が適正に運営されているか確認しました結果、一部改善項目があるものの良好でありました。

7. 安全管理規程(安全マネジメント)

詳しくは当社の安全管理規程(安全マネジメント)をご参照ください。安全管理規程(PDF形式)

8. 安全統括管理者

  • 奈良近鉄タクシー株式会社 安全統括管理者
    常務取締役星安 博文 (平成29年6月27日現在)
  • 株式会社竜田タクシー 安全統括管理者
    取締役支配人中川 康久 (平成29年6月27日現在)
  • 三都交通株式会社 安全統括管理者
    所長辻井 旭 (平成29年6月27日現在)